看護師 3年目 仕事できない

看護師 3年目 仕事できない 転職を含んだ今の立ち位置。

看護師 3年目 仕事できない

看護師 3年目 仕事できない

・小児 外来看護の環境などの特徴
・女性のおなにー効果について真面目な話。
・看護師試用期間退職した人にしかわからない本当の違和感
・家族経営の病院で働く看護師事情。
・看護師 しんどい〜辞めたい!明日はもう行きたくない!
・看護師 外来と病棟の給料の違いは
・看護師 仕事の環境が微妙
・看護師 仕事辞めたい。〜電車の中で吐きそうに。
・看護師 辞める時期の考え方がある。
・看護師 人手不足だと分かっているのに。心が病む前に
・看護師 退職理由。パンク寸前のカラダを休めるためのある種の解決策

 

看護師3年目でどうして自分はこんなに仕事できないだろうと悩んでいますか?

 

ただ一つ言えるのは何年経っても、どんなにベテランになっても、
ミスや失敗はしますし、誰だってあることなので、まずは一つの失敗をクヨクヨ考えないことですね。

 

「次はもう間違わない!」

 

とか、

 

「もう同じところでミスしない!」

 

など、自分がモチベーションを持って頑張ることが大事だと私は思います。

 

もしかすると仕事できないと思っているのはあなただけかもしれないですし、
看護師3年目の評価をするのは自分ではなく、周りがするものだと思うんです。

 

もしミスしてしまったのであれば、次は同じことを繰り返さないように頑張りましょう。

 

 

仕事できない、看護師3年目の悩み

看護師、3年目になっても仕事できないと悩んでいる看護師の方は多いようです。

 

看護師になって3年目になっても、いまだにちょっとしたミスをしてしまったり、
そういう時に、

 

「どうして私は仕事できないんだろう。」

 

と辛くなってしまうナースはかなりいます。

 

看護の仕事に限らずだと思いますが、やっぱり、職場の環境と言いますか、
人間関係なども仕事ができない、あるいは出来るようにならない原因になっているということはないでしょうか。

 

その場合ですと看護師で新人とか3年目とか関係ないような気がします。

 

あなたの病院はもしかして、入れ替わりが激しく、
退職、あるいは他に転職が決まって出ていく人が多いということはないですか?

 

看護師同士の人間関係、職場環境でストレスがたまる毎日で看護師3年目になっても、
仕事できない、思うようにできない看護師の女性はあなただけではないと思います。

 

看護師3年目。仕事できない。ミスは減ってきたけれど。

看護師 3年目 仕事できない

看護師3年目になっても仕事ができない。以前よりはミスしなくなったけれど、
度々、先輩や同僚の看護師から怒鳴られたり、嫌味を言われたり、
あるいは後輩からもバカにされたりして、辛い日々を送っているのではないでしょうか。

 

あなたはあなたなりに頑張っているけれど、

 

「それがなかなか周りに伝わらない」

 

分かってもらえないのはものすごく辛いですよね。

 

自分は看護の仕事に向いてない、辞めたほうがいいのではと考えていましたか?

 

看護師3年目、仕事できない。向いてないと思う前に。

看護師 3年目 仕事できない

「看護師3年目なのに、何でこんなに仕事できないんだろう」

 

「自分は看護師を辞めたほうがいいんじゃないか。」

 

と思い始めているのであれば、他の医療機関でキャリアを積むこと検討してみてはどうでしょうか。

 

せっかく頑張って看護師3年目まできたのに、
仕事できないと悩んでしまってそのキャリアを捨ててしまうのはもったいないと思うんです。

 

それなら、求人情報が載っているサイトを見てから辞めるかどうかを判断しても遅くはないと思うんです。

 

過去に転職していった先輩や友人に相談してみるというのも一つだと思いますが、

 

看護師3年目になって、思うように仕事ができないのは、なんか私、
あなた自身のせいではないと思うんです。

 

上記でお伝えしたように環境は関係ないでしょうか?

 

時間のある時にでもちょっと見てみてください。

 

看護師3年目で転職を考える

看護師 3年目 仕事できない

看護師3年目で転職を考える方はすごく多いかも知れないです。

 

看護師の仕事だからというわけではなく、新卒から3年目というのは一つの節目というか、
本気で転職を考えるというのとは少し違う、今後の自分の方向性について考える時期なのかも知れないですね。

 

簡単に看護師3年目と口で言うのは簡単ですが、そこには色々な本人にしか分からない想いが隠れていると思います。
転職を考えるにしても、すぐに答えを出せるモノではないと思います。

 

1つの職場で看護師3年目を迎え、例えばもっと自分を試してみたいと思う場合に転職を考えるのと、
どうにか看護師として3年目を迎えたけれど、自分には向かないと思い、
全く看護師とは関係のない分野に転職したいと考える人も多いと思います。

 

看護師、3年目の転職を考えて見えたこと

看護師、3年目で一度立ち止まり、今後の人生について考える余裕が出来たのかもしれないですよね。
転職のことは置いておいて、看護師3年目になり、ある程度の仕事をこなせるようになった方、
あるいは環境が合わず、生活のために我慢して看護師として3年目に差し掛かってしまい、
技術面が向上できなかった方など、今の人生の立ち位置は様々なのではないでしょうか。
その上で頭をよぎる転職という方向性、看護師3年目としてのあなたの立ち位置はどちらかを考えた時に、
今のままで良いのか、それとも転職して、もっと強い自分を目指すのかによっても歩き方は変わってくると思います。

 

看護師3年目の転職を本気で考える場合

看護師 3年目 転職
看護師3年目に差し掛かり、転職を本気で考える場合、看護の転職に関しては病院、仕事内容などを選ばなければ、
求人はいくらでもあると思います。

 

看護師3年目の転職についての採用となると、私の友人の採用担当に聞いた時は、
ある程度は出来ることを計算して、即戦力として採用する傾向にあるようです。

 

しかし、退職理由や夜勤の回数、勤務時間、給料、職場や病棟での業務内容などから、
相談されても歩み寄れる部分とそうじゃない部分と言うのは当然あるようです。

 

ナース専門サイトなどに匿名の体験談など、自分に近い状態の看護師の方の経緯が掲載されていることがあるので、
そういう体験談の中に3年目で転職された方のものがあれば参考になると思います。

看護師三年目で転職する方が必ずチェックするベスト5

看護師 3年目 転職
看護師三年目で転職する方が必ずチェックするベスト5をお伝えします。このポイントを押さえておけば失敗することはないでしょう。今の時期、職場探しを始めると、数週間もしないうちに、あなたの希望をすべて満たした完璧な職場が見つかると思います。「一日も早くここで働きたい」「今すぐにでも就職したい。」「待ちきれない」という気持ちになるかも知れませんが、ここは我慢してください。焦ってはいけません。冷静な目で隅々までチェックしてください。

 

入職後に話が違うと分かっても嬉しくも何ともありませんよね。ミスマッチは入職前に見つけなければなりません。それでは、転職先のミスマッチを防ぎ、大切な時間を無駄にさせないためのチェックポイントをお伝えします。

 

・勤務時間はどうですか?
・休みはどうですか?
・希望の部署、雰囲気はどうですか?
・給料は?
・残業は?

 

職場を転職することは人生の中でもっとも大きな決断です。入職後に後悔するようなことは許されません。事前チェックを入念に行い、あなたの大切な時間を無駄にしないようにしましょう。

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

https://kango.mynavi.jp/

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

今一番利用したいサイト1の看護師専門サイトでハローワークにある掲載情報なども、もちろん案内可能です。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職

 

看護師サイトでとりあえずチェック

看護師三年目
看護師三年目で人間関係のストレスのせいで血圧がとても高かった看護師の方がいました。心療内科の先生にもも「このままで良くないから少し休んだほうがいい」と注意されたようです。そこで職場を休職し、どうせ現場には戻れないと分かっていたので転職先を探すだけ探してみようとか軽く活動を始めることにしたんですね。でも正直看護師の仕事が辛いし、もう働くところなんてないんじゃないかと思っていて、テンションが全然上がらず、気力が低下して、このままでは今後の人生にも影響しそうな気がして奮起したようです。そこでまず、看護師転職専門のとりあえずみんな使っているような看護師サイトを試してみたようです。求人情報は「まあまあ。」この手の情報サイトとしては大手だけあっていいんじゃないか、と感じたんだそうです。

 

看護師三年目の転職する目前に気がついた大切なこと

三年目看護師として毎日頑張っているあなた。以前の私のように、三年目で転職に悩んでいるのですね。看護師三年目に差し掛かり、劣悪な環境で体調など壊してしまったのではないでしょうか?
嫌な環境で三年目を迎えるのはきつかったと思います。しかも、三年は我慢しなければ看護師として厳しいと言われ無理に頑張り続け、カラダを壊し、三年目で退職、転職を余儀なくされる看護師の方もかなりいるようです。でも、看護師として三年目で次の職場を探す場合は気をつけたほうがいいです。
看護師の仕事に限らず、三年目で仕事をある程度出来るようになると言われていたのに、医療機関、病院によっては、あまり評価してくれない場所もあるようです。

 

看護師三年目なら…。

看護師 三年目 転職
しかし、看護師の資格があれば、少なくても三年の経験があればほかの就職先が見つからないことはまずないと思います。もちろん選ばなければという部分もあるかもしれないですが。また、転職する側としても心から採用されたいと思えるような病院を探すのは難しいものがあります。仮に三年目で転職先見つけられたとしても数えるほどではないでしょうか。また、あなたが働きたい!と思えるような職場は、看護師の採用人数も少なく、すぐに採用枠が埋まってしまう場合がありますので、もし働きたい職場が見つかったなら、即チェックしておくことで、希望の職場への採用が決まる可能性も高くなるのではないでしょうか。

 

看護師三年目転職。 一番良い状態

「三年間、苦しいのも我慢しながら、どうにか乗り越えてきたけれど、病棟勤務三年目に入り、これ以上はもう、この職場で仕事を続けても、
三年目の看護師として自分はどうにもならないと本気で考えるようになった。」

 

看護師三年目の方の中にはこのように考える人も少なくないと思います。現場で三年看護師として我慢することで一人前といったんは認められる。しかし、職場の環境、とくに人間関係に関しては、三年目では自分の成長は考えられない、自分が何様なわけではないと思うけれど、尊敬出来る上司もいなければ三年経過した先輩看護師の中にもいない!暇さえあれば陰口を言っているような連中を目の前にして、さらに三年たったとしても先が知れていることは明確。そのようなニュアンスで三年目の転職を考えるようです。ほかの三年目で転職を考える看護師の例を見ても、転職を考える場合にいろいろな形の理由があるにせよ、その理由のほとんどが深刻な状態で退職、半数を占めるという話も耳にしたこともある。

 

看護師、仕事は三年、されど三年。

看護師 三年目 転職
仕事は三年、されど三年というけれど、私も三年我慢して、転職した人間でした。しかし、同じ病院で三年間、頑張って我慢したカイがあったかと誰かに問われると、看護学校時代、採用面接の際、直接、師長などからずっと言われてきたほど、三年目まで頑張ったことへの重要性は感じられなかったように思います。しかし、次の就職先が決まり、新しい現場ですんなり業務に入れた事に関しては、やはり少ないなりに看護師三年目まで頑張ったが生きているのと思いました。

 

ただ半年くらい、あるいはそれより短い試用期間中に前の病院を退職し、ウチに入職してくる新人とほぼ変わらないような後輩看護師が、私を含め、現場のみんなから優しく指導されている姿を見ると、給与のことはさておき、あの辛い時間を考えると、三年目まで頑張らずとも、もっと早く転職しても、それほど影響はなかったのではと?と思うこともたまにあるのも事実です。確かに三年という年数はもちろん大切かもしれないが、経験とかよりも重要なのは働きやすい職場に出会えるか、ただその縁だけかも知れないと感じるのは私だけだろうか。

 

三年間看護師として同じ現場を見てきた。

看護師として三年間、同じ現場を見てきた縁、ここがあなたにとって、何かの節目というものかもしれない。しかし、次の行く先が見つからない、良い環境が見つからない場合は、三年目だとしてもまだ転職なんてしないほうがいいです。たびたび外の様子を見ながら、看護師の求人情報などを集め、その時が来たら転職を考えれば良いと思います。縁を感じたら、軽く話を聞いてみるくらいのつもりでコンタクトを取る方が、気持ち的にも疲れないでしょうし、その上で感触が良ければ、もっと話を聞いてみると良いのではないでしょうか。

 

看護師として最初の節目の三年目、この精神状態が一番良い状態ではないだろうか。仕事の合間などで新しい職場を調べてみましょう。

 

看護師三年目の転職で私の出した結論。

看護師 三年目 転職
先輩看護師や友人などの意見を聞いたりしながら、看護師三年目の私はある考えにたどり着きました。三年働いたからクリニックがどうとか、総合病院がどうとかではなく、そこで働く人たち、職場の雰囲気が一番なのではないか。就職は結婚と同じようなものと言われたことがありますが、何年の経験でもやはり、給料が高い、休日が多い。ラクそう、夜勤がないからなど、そのような理由で安易に決めてはいけないと考えるようになりました。三年働いてみて、総合病院の良いところもあるのも事実です。

 

三年の経験だとしても総合病院は夜勤がつきもの、患者さんの顔ぶれも変わる、それに伴い病棟の雰囲気や仕事量も変わる、病棟のなかで移動があることも気分転換できると考えればすごく良い部分ですが、クリニックの場合はそこしかない、その仕事しかないという意味ではどうなのかと思いました。そのようなことを踏まえて、私はもう一度、三年目で総合病院で探してみようと思いました。もう何年か総合病院でいろいろな科を経験してからクリニックとかを考えたほうが、あとあと良い感じがしました。少しでもいろいろなことを経験していたほうが、良いに決まっていますよね。

 

看護師三年目でクリニックについて考えてみる 一年目のドキドキと三年目を振り返る

 看護師三年目、クリニックの場合、外来の患者さんしかいない状況で、患者さんと話すのが楽しみな私としては、仕事は違っても、すぐに物足りなくなってしまう気がしました。そこで私はまた、新しい自分を発見しました。私は看護の楽しさに。ずっと何年も前から気がついていたのだということに気がつきました。私は患者さんと話をしているときはすごく楽しい。

 

1年目のトキメキを思い出しました。1年目の時、元気に退院していくに姿を見るのが何より幸せ。今後ますます地域の医療が重要になってくる現代で、三年目なので夜勤をする体力もあれば、バリバリ働ける体力もある!もう何年か頑張っていろいろ経験を積もうと思い、ハローワーク、求人雑誌、先輩に教えてもらった看護師専門の転職サイトなどを利用し、仕事を探してみることにしました。三年の私が見つけるのはそう簡単ではないにしても、1年目でも2年目でもない、三年やった、3年頑張った!という自信を持ってこれからも望んでいこうと思いました。

 

看護師丸三年勤めたとき、三年目が勤め上げた達成感?

4年目に差し掛かり、今後も苦しい時があると思います。三年というのはものもと一つの区切りのによう考えていた私は、ターニングポイントが来たと考え、何十年も続けるためにステップアップしたいと考えます!

 

三年で転職を決断!一身上の都合で退職。次の職場を迷っていた。一身上の都合で職場を辞めることは上司に伝えたので、次の勤務先について迷っていました。夜勤があるとかないとかはあまり抵抗もなく、休日や給料の面もほどほどなら問題ないと、特に高望みしているわけではありませんでした。年の離れた先輩看護師からはよくこんな話をされていました。「現在は通勤にも時間がかかるし、3交代勤務で体力的にきつくなってきた。気持ちが続かない時がある。夜に子供の側にいてれない日があるのがつらい。」など、それに感化されたというわけではないですが、多くの看護師の方が一度は転職を考える、必ず通る道なのかもしれないと感じました。

 

たとえ丸三年看護師を頑張って職場が大好きで、その場がすごく楽しいいとしても、ずっとその職場でまた三年、さらに三年、看護師の仕事を続けていたいという思いがあっても、転職せざるおえない、続けられないという場合もかなりあるんだということも分かりました。実際に三年目でクリニックに転職した先輩に話を聞くと、今までの技術や知識はあまり必要とされないとこともあるようです。

 

看護師三年目で転職を考える必然

入院している患者様がいる場合、身の回りの介助は当然必要になるけれど、クリニックだと入院施設がないところが多いので、そのような業務はないところがほとんど。ただ採血・点滴・吸入などの技術は必要になるそうです。点滴や採血のクレームはすぐに医院長に届くので、その辺は少人数の場合面倒なところだそうです。しっかりとした指導ができる医師がいるクリニックの場合、看護師は本当に診療介助くらいでつまらないと感じる場合もあるようです。看護師が三年目で転職を考えるのは必然かもしれません。

 

病院勤務三年目の看護師の実情

私は病院に勤務三年目の看護師でした。そもそも看護師になりたくてなったのではなく、これが今でも緒を引いているというのか、病院での勤務がとにかく苦痛でたまらないと感じ、三年目で転職を考えることがありました。 看護師として三年、一人前になりたい!そうした意欲もあまりなく、さらに病院という大きな組織の中での看護師独特の人間関係に毎日振り回されている毎日に、とにかく苦痛を感じ、三年もいるのに転職しか考えられない時期もありました。

 

正直、私の中で看護師として仕事をする理由は生活のためなので、看護師の仕事じゃなくてはいけないという考えではありませんでした。なので三年目にしてほかの職業への転職も考えたりもしました。ただ唯一、看護師の仕事で好きなところは人と話すのは大好きで、患者の方と話すのも楽しいし、大好きなので、この仕事に向いていると思う瞬間があるのも確かでしたので、まる三年目での転職を踏みとどまっていたのかもしれません。それに苦労して取った資格を使わないのはもったいない!という気持ちが強いので、職場の転職は考えていましたが、看護師を辞めようとは考えてはいませんでした。

 

看護師三年目の心境

このような心境を冷静に分析してみると、看護師の仕事がどうのというわけではなく、今の職場が楽しくない、だから三年やったし、楽しい職場に転職したいのだということに漠然と気がつきました。そこでまる三年目で、クリニックを転職先に選んだらどんな感じなのかと考えました。三年目で転職して一生クリニックで働くというのは想像できないですが、違った環境に転職して働いてみたいと強く感じていました。

 

総合病院に勤めて三年目の看護師

総合病院に勤めて三年目の看護師の私。三年目に県外の病院に転職しようか、それとも今の病院に残るかで悩んでいました。師長からは次はプリセプターも経験してほしいから、よく頑張っているし、転職しないでほしいと言われていました。また、三年間は同じ現場にいた方が、履歴書的にも今後有利だとのアドバイスも受けました。私は今の病院に残るメリットを考え、残る方向で今後を考えようと思いました。今後、プリセプターを経験できる、人に教えるのが好きな私は、それが楽しみの一つになりそうだとも思いました。さらには職場の環境もアットホームな感じで人間関係も良く、
何より尊敬できる師長や先輩もいることも大きいと改めて感じました。

 

看護師三年目でプリセプター

デメリットの人手不足を考えると、自分の時間が少なく、ワーキングシンデレラを実施しているような環境にあこがれるけれど、やはりそれも今は勉強だと考えるようにしようと思いました。転職を考えている病院は県外、実家のあるところだったので、考えていた病院は総合病院なので、スキルアップにもつながると考えていました。ただ、職場の人間関係のことを考えるとどうなのかな?と言うのもあり、いつも迷っていたことも事実です。

 

しかし、三年目にプリセプターを経験できるかもしれない、また、師長やラダーの高い先輩達に私のよく勉強するところは強みだから、それを今後、後輩や学生の指導にも活かしてほしいと言われ、残ろうという気持ちは確かなものになりました。

 

看護師三年目で評価されていると感じるなら

そこまで自分を評価してくれる職場はそうは出会えないと感じたからです。今の自分が良い状態で成長出来ていると実感できるのも、先輩達や師長のおかげだと思えるようになりました。ただ、自分がこれから伸ばしていきたいスキルを経験する機会があるとして、それを今の現場では得られないという部分に少し違和感があるのも事実ですし、やはり経験したい!しないと分からないことが多くあるのも事実かと思います。

 

しかし、病院を転職をすると、今の職場よりも人間関係は悪くなるということは目に見えていて、仕事量が多すぎて自分のしたい看護、寄り添った看護はたぶん出来ないんだろうなと思いました。友人の看護師に相談した時、今の病院でこのまま働くことがベストだとやはり言われました。なぜなら、完璧に自分の理想がそろう職場などこの世になく、まだたったの三年、自分にとってスキルアップって考えた時に、まだまだ今の現場で経験すべきことはないはずがない。

 

看護師三年目 スキルアップを考え始めた

スキルアップはほかの現場に行くことではないし、今の病院は三年で全てを学べる程度の現場ではないという言葉に自分を見失っていたことに気がつきました。まだまだ学べることが当然あるのに、自分の時間が持てないとか、そのような部分も大きく左右し、何も見えていなかったことに気づかされました。経験三年で2交代勤務の職場、月に夜勤は4回〜5回くらいしたとして手取り24万弱。ない時は残業もなく、定時に帰れる日もある。その場合、日勤だと17時30分には上がれるし、夜勤明けの場合は9時30分に帰れる現場。子育て支援もあり手当ても支給される。街の郊外の300床の病院、このような場所を働きやすい環境の病院というのだと、改めて考えることが出来ました。

 

 

看護師 厄年

新規相談はコチラ
https://coconala.com/
看護師の仕事について悩んでいることがあれば
どなたでも相談することができます。

 

看護師 うつ

 

 

女性 おなにー 効果女性のおなにーの効果についてなんて、きっと女性同士でも恥ずかしくて話せないというのはありますよね。看護師さんの間では、マスターベーションについて医学的な要素もあるということで、そのような話になる場合もあるかもしれないですが。だからと言って、自分から女性のおなにー効果についてなんて...

病棟看護師をしていたという女性と、ある日、ブログを通じて知り合い、数か月のやり取りの末、会うことになった。彼女はうつ病で大きな病院の精神科に入院していた。彼女は病院に入院中の気を紛らわすためにブログを毎日数回、スマホから投稿していた。たまたま私が書いていた前向きな言葉を投稿していたブログを気に入って...

看護師のというか、女性の結婚適齢期って言葉をよく耳にしますが、今は昔よりもかなり結婚適齢期は上がっているように思います。なんとなく結婚適齢期近くになると外野がかなりうるさかったりするので、その時期は20代後半から30ま歳かなとも思います。。そんなの自分が一番わかってますわ!と思ってましたけれど。実際...

家族経営の病院で働く看護師の私。試用期間で過重労働を強いられていた看護師の私は、1ヶ月の間、一日10時間近く働かされていました。休みは日曜日と木曜日の午後だけの家族経営の病院で、長時間労働のせいか、心身の疲労と睡眠不足になり、不眠症になりました。職安で見つけた時の求人の状態とは全然違う状態に困惑して...

退職する場合のボーナスは?有給消化中の看護師の状況。今月末に退職を決めた私は残ってる有休が1か月以上あるにもかかわらず、少なく見積もられていました。退職の際は全てもらえないとおかしいと伝え、どうにかもらいました。退職予定日を考え、残っている全ての有給分を消化するため、3週間くらい早めに休みになりまし...

看護師、失業保険までの3ヶ月をどう過ごすか。失業保険をもらいながら温泉でも行って正直、少し休みたいですよね。転職への不安が常にあったために、人間関係のギクシャクした職場に毎日通わなければならなかった3年目の看護師の私は、心の片隅でいつも、次の職場のことを考えて、タイミングを待っていました。初めての転...

看護師として働いて、色々な不安や慣れないことばかりの毎日に苦しんでた。あの頃は毎日、仕事に行きたくない、看護師の仕事なんてしたくない、ならなければよかった。みたいなことばかり考えて生きていた。性格的に向いてない…と、自分で気づいてしまったとその時は考えていて、自分の仕事のできなさや、自信のなさを棚に...

看護師 外来と病棟の給料の違いがあるようだ。看護師の病棟担当と外来担当とでは、 給料はどれくらい違うのか。病棟担当にはまず夜勤があり、外来と同じ給料ということはまずないだろう。同期入職者で外来と病棟の給料の差を比較してみると、 まずは基本給は同じ、他の超過勤務手当・休日手当・住宅手当等も、 ほぼ同じ...

小児 外来看護の環境などの特徴とも言えるもの。子供は診察室に一歩足を踏み入れると、その診察室の雰囲気をすぐに感じ取るものだ。これは子供のほうが鋭敏と言える。子供の感受性は敏感で、親から片時も離れられないのが普通だろう。そのため、自分の身に起こる危険性には、なにより敏感であるため、その場所が自分に合わ...

転職サポートに無料登録し、募集している病院を探してもらうというのが主流になりつつある今、私もその一人として、ある転職サイトに登録し、転職先を探してもらっていたんです。ある日を栄に急に人間関係がうまくいかなくなり、もう辞めてもいいかな〜と考えていたんです。ちょっとしたトラブルから急に働きづらくなってし...

page top