icu 看護師

icu 看護師に移動してからの生活

ICUの看護師をしている友人と会いました。

 

昨年病棟からICUに移動になってからというもの、
毎日すごく辛そうで、肉体的にはもとより、精神的にもかなりキツイと度々話していたんです。

 

毎月10回以上の夜勤があるのが日常茶飯事で、
休みの日も研修の日が多く、独特な雰囲気がある職場の人間関係にも悩んでいました。

 

病棟にいるときは明るく、看護師にやりがいを感じると話していたのですが、
ICUに異動してからは、毎日辛くて、疲れからか周りにも冷たくあたってしまうこともあり
もう辞めたいと思い、かなり限界のようでした。

 

職場の同僚の中にも病棟から移動してきた友人と同じような精神状態の看護師がいるらしく、
病棟に戻してほしいと希望を師長に出しているようですが、
やはりそう簡単には戻れないようでした。

 

ただ、友人はまだ、自分を病棟へ戻してほしいと一回も師長に話していないようなので、
私はとりあえず、ダメもとで本心を伝え、
もしも通らなければ、すぐは難しいとしても、のちの辞職を検討してみてはと伝えました。

 

ただ、友人はできるなら、今の病院には残っていたいと言っていました。

 

私のような部外者が一言で言えるようなことではないと改めて、
私は言葉を選んで、言えることがあれば言おうと思いました。

 

ただ、私は今の現状を師長には素直に伝えたほうがいいと思いました。
ICUにいることがキツイと気持ちを打ち明けて、
まずはコミュニケーションをとれるのであれば取るべきではないかと考えたのです。

 

甘い考えかな?と友人は言いますが、それよりもやはり体調を崩し、
どう考えても幸せというにはほど遠い状態の友人を私は見ていられなかったからです。

 

話を聞くと、ICUは離職者も多く、毎月入れ替わりが多い職場らしいですが、
素人の私から見ても、あのような環境で自分ができるかと思うとやはり胸が苦しくなりました。

 

ただ、精神的には多少、乗り越えられることもあるかもしれないけれど、
肉体的に厳しくなっているとしたら、出来れば師長さんのほうに、
お願いした方が良いと個人的には感じました。

 

友人が悩んでいるくらいなのだから、
同じように苦しんでいる看護師の方はきっと多いと思いました。

 

肉体的な疲労は精神にも大きく影響しますし、
考え方を変えようと努力しても、気持ちの持ちようだと明るく笑顔になろうとしても、
結局肉体に、精神的にキツイと自分ではどうにもならない部分はどうしてもあると思います。

 

このまま続けても悩みは変わらないと思いましたし、
友人に限らず、看護師さんが体を崩すまで働くというのは良くないと思いました。

 

最終的には自分で選ばなければいけないですが、
簡単に辞めたほうがいいとはとても言えませんでした。

 

同じ境遇の看護師の方に読んでいただければ嬉しいです。

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

https://www.nursejinzaibank.com/

 

年間10万人が利用する看護師専門サイトでハローワークの掲載情報なども、もちろん案内可能です。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職