看護師 夜勤 つらい

看護師として夜勤はつらいなんてどうなんだろう…。

看護師 夜勤 つらい

 

看護師として夜勤はつらいですが、
避けては通れない部分はありますよね。

 

夜勤が体力的につらい!という看護師の方は普通にいるかと思います。

 

そこそこ忙しいのはまだいいのかもしれないですが、
朝方に家に戻ってもなかなか寝れないというのもありますよね。

 

遮光カーテンにしても脳が覚醒しているせいなのか、
全然眠れるに、またその日の連続夜勤に行かなければならないということもかなりあるかと思います。

 

仮眠も2時間近くとれる病棟に勤めていたとしても、
夜中の仕事内容など、どうしても慣れないという場合はあるかと思います。

 

それは3年経験を積んだとしてもなれないものは慣れないかもしれません。

 

そのような看護師の方の多くは、年収は下がってもいいから、
クリニックや外来で仕事をしようと、今すぐは無理だとしても、
のちの転職を視野に入れて今後を考えるようです。

 

なにより、健康あっての人生というか、仕事ですよね。

 

なので、年病棟で頑張った!けれどどうかという事であれば
転職は普通に考えてもいいと思います。

 

ただ、現在の職場に夜勤以外の問題がないのであれば、
外来勤務の希望を出してみるなど、
転職せずに済む方法もあるかと思います。

 

たとえば人間関係がすごく良い職場を辞めるというのは、
どうしてもという以外は辞めたほうがいいです。

 

居やすい職場というのを探すのは何よりも難しいと思います。

 

ただ、本当に転職という場合は、経験が3年くらいあればそこそこは見つかると思います。

 

転職に不安がある場合は、無料転職サポートなどを利用するとスムーズです。

 

動ける時間があまりない場合はとくにいいと思います。

 

看護師 3年目 転職こちらも参考にどうぞ。