小児 外来看護

小児 外来看護の環境などの特徴

小児 外来看護の環境などの特徴とも言えるもの。

 

小児科 外来

 

子供は診察室に一歩足を踏み入れると、
その診察室の雰囲気をすぐに感じ取るものだ。

 

これは子供のほうが鋭敏と言える。

 

子供の感受性は敏感で、親から片時も離れられないのが普通だろう。

 

そのため、自分の身に起こる危険性には、なにより敏感であるため、
その場所が自分に合わないと思うと、一気に泣き出すものだ。

 

それを和らげるものの一つに、小児外来の診察室には、
可愛いキャラクターなどが壁や、その他の場所に並んでいる。

 

さらに診察室の机の引き出しには、
種々のシールが準備されることと同時に、
それ以外に、一般の外来での診察介助に必要なカテーテル類、
消毒用品など多くの物品の整備、管理も看護師のおもな仕事と言える。

 

小児科 外来での看護師の役割とは

 

「子供が好き」という理由では、なかなか難しいと言われる小児科外来。
しかし育児の大変さ・辛さを理解した上での復職には向いているといえるし、
比較的スムーズに仕事に入れるのではないだろうか。 看護師の仕事内容・役割としては、
問診や医師の診療補助がメイン業務となる。 採血や点滴の施行もあり、
健診時の身長、体重計測、 余話某摂取時のワクチン発注業務も業務の範囲。
採血が苦手な子供も多く、中には泣き叫ぶ子供もいる。 そのような場合での応対も要求される。
両親の退室なども臨機応変な対応が要求されるだろう。 採血や点滴、予防接種を医師が行うクリニックもあるが、
小児に対しての注射が苦手な看護師は、
そのようなクリニックへの転職を考える道もあるだろう。

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

https://nurseful.jp/

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

リクルート系の看護師専門サイトで旬な情報が満載です。

 

参考になればいいのですが。