朝 看護師

朝が来るのが怖い。吐きそう。看護師が気分を変えた結果

朝が来るのが怖い

 

朝が来るのが怖い看護師として働いて、色々な不安や慣れないことばかりの毎日に苦しんでた。

 

あの頃は毎日、仕事に行きたくない、
看護師の仕事なんてしたくない、
ならなければよかった。みたいなことばかり考えて生きていた。

 

朝が来るのが怖い性格的に向いてない…と、自分で気づいてしまったとその時は考えていて、
自分の仕事のできなさや、自信のなさを棚に上げて、
逃げてばかりいた気がする。

 

人間関係も微妙だったというのも大きかったのかもしれない。

 

朝が来るのが怖い休みの日でも気分がずっと沈んだままだった私は、
なかなか寝付くこともできない、朝が来るのが怖い時期がかなり長く続いていた。

 

朝が来るのが怖いそれに、何をしてもうまくいかないという時期は人にはあるのかもしれないけれど、
仕事以外でも、それとなく悩みや不安を抱えているにもかかわらず、
誰も相談する人がいない、その時間もない。

 

とにかくもういっぱいいっぱいで苦しいだけの毎日を送っていた。

 

朝が来るのが怖いでも生活もあるし、もういい歳なので、
辞めて次なんて考えてもそうそう簡単に見つかるものでもない。

 

どうしてこんな風になってしまったのかな〜って、
昔はこんなんじゃなかったのに…。

いっそ消えてしまいたいなんて、そんなことまで考えてしまうような、
生きてるようで生きてない。そんな毎日を送っていた時、

 

朝が来るのが怖いたまたま、テレビで、
サッカー日本代表が初めてワールドカップ出場を決めた時の映像が流れているのを観た。

 

朝が来るのが怖い当時の日本代表の岡田監督は、今まで一度も途中交代のなかったエース、
三浦知良選手と中山雅史選手を同時に交代させ、代わりに入った選手がゴールを決め、
見事、本戦の切符をてにした。

 

朝が来るのが怖いその時のことを振り返り、当時の監督の岡田監督が
なぜあの時、カズと中山を交代させたのか?という記者の問いにこう答えた。

 

気分を変えたかった…。

 

逆転されて選手がみんな下を向いていたので、気分を変えたかったのだと。

 

私はたまたまみた15年以上前の映像をみて、
自分んも思った。

 

この気分を変えたい!変えようと。

 

朝が来るのが怖いサッカーの岡田監督とは全く場面は違うけれど、
ギリギリまで追い詰められたような心理状態、もうダメかもしれない。という状況は、
なんとなく共通するものがあるように思えて、
私もとにかく気分を変えるにはどうしたらよいのかをどうせ寝付けないのだからと、
その間に考えてみた。

 

今、私はどうしたいのか、どうしたら気分が変わるのか?

 

朝が来るのが怖い趣味に没頭すれば気分を変えられる?確かに一理ある。

 

恋人を作れば恋愛している間は幸せな気持ちになれる。、それなら合コンとか婚活パーティかな。

 

それもいいな。^^

 

しかし…。

 

朝が来るのが怖い両方ともその時しか気分は変わらない…。

 

私をいつも悩ませているもの…。

 

寝付けなくさせているもの…。

 

消えてしまいたい…とさえ思わせているものは…。

 

今の職場だ。

 

そうだ、転職をやっぱり考えてみよう…。

 

朝が来るのが怖い難しいかどうかは探してみなければわからないし、
在職中に探せば、今の生活を続けながら仕事を探すこともできる。

 

見つからなければ、今のまま変わらないだけ。

 

夢も希望も持てないから辛い毎日しかない。

 

良いところが見つかるかもしれないと探すだけでもかすかな希望が見えてくる。

 

近いうちに働きやすい職場が見つかり、
転職先で良い出会いがあって結婚なんてこともあるかも…。^^

 

朝が来るのが怖いそれから私はどんどん妄想を膨らませ、
時間の合間をぬって求人情報をネットで調べるようになった。

 

看護師以外の仕事も探してみたが、やはり今の給料より下がるのはもちろん、
何をしても新しい仕事をする場合は一から覚えなければならないことを考えると、
せっかく苦労して取った看護師免許を使わないのはもったいない。という気持ちになった。

 

リクルートとマイナビが有名で安心な気がしたので、
ホームページを調べて無料登録して探してもらい、
何件か見つけてもらったうちの一つのところの話を聞いてみたいと思い、
連絡を取ってもらい見学に行くと、今の環境とはすべてがまるで違う、
何より驚いたのがスタッフが皆、楽しく働いている印象を受けたことだ。

 

朝が来るのが怖い私はその場で採用してもらえるなら採用してほしいという気持ちでいっぱいです。という気持ちを担当の方に伝え、
前職との兼ね合いも考え、数か月後、希望通り採用してもらうことができた。

 

それからというもの、私は、何か辛いことがあると、
気分を変えるためにはどうしたら良いかを常に考えるようになった。

 

気分を変えるって本当に大事なことで、
それができたら、今後の人生も楽しく変えていけるとしたら、
やらない手はない。

 

現に私は辛いこともたくさんあるけれど、
少なくても前よりは前を向いて充実した日々を過ごせるようになった。

 

素敵な仲間もできて、楽しい日も格段に増えた。

 

あの時たまたま見ていたテレビが状況を変えた。

 

人の人生は悪い時ばかりではない。

 

かならず楽しい時が待っていると信じるだけで、
チャンスを掴める。

 

何かに努力するのに疲れた場合は、
気分を変えることに視点を変えてみると良いと思う。

 

きっと良いことが起こる!その予感を信じればよい。

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

https://www.nursejinzaibank.com/

 

年間10万人が利用する看護師専門サイトでハローワークの掲載情報なども、もちろん案内可能です。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職