看護師 面接

看護師 面接…。強い対応デフの流れを一変させる!

看護師 面接

 

看護師 面接看護師の中途採用について、
不安に感じている方は多いと思います。

 

看護師 面接中途採用といっても、私の場合は、それを何回繰り返したでしょうか。(^^;

 

看護師 面接始めに勤めた職場、期待に胸を膨らませ、理想を追い求め、
周囲よりも高給与なことで有頂天になり。

 

看護師 面接しかし、蓋を開けると、残業残業で気がつくと半年で初めの職場は辞職。

 

看護師 面接その後、入った職場も人間関係が原因ですぐに退職。

 

看護師 面接人からはこらえ性がないだな、色々言われましたが、
いられないものはしょうがない、そういう運命だと、なぜか開き直っていました。

 

看護師 面接とにかく挫折を味わい、何とか次こそはしっかり見つけなければと、
今度は、あちこちから情報を集め、入念に、慎重に選び、
違和感がない職場に絞りました。

 

 

看護師 面接それで今は10年以上続いています。

 

 

病院の求人を見つめて

 

 

看護師 面接看護師の求人を見つめていると、
当たり前ですがどこも良いことばかり書いています。

 

看護師 面接良いイメージを持ちます。

 

看護師 面接しかしながら、その本質みたいなもの、
なんていうか、内部事情的なことはほとんど見えません。

 

看護師 面接私は何だかんだ言ってもトータルで50件以上は面接してもらいましたでしょうか。

 

看護師 面接もちろん落とされることのほうが多いのですが。

 

看護師 面接面接でも色々な思いをしました。
始めからケチョンケチョンにされて、ウチは無理ですね〜みたいなことを言われて、
ものの5分くらいで終了なんてこともありました。

 

看護師 面接流石にその時は、あなたみたいな失礼な人はコチラも無理です!と捨てゼリフを一発、ぶちかましてやりました。(^^;

 

看護師 面接しかし、初対面だというのに本当に失礼ですよね、実際。

 

看護師 面接こっちは真剣に探しているのに…。

 

 

違和感を感じないことが大事。

 

 

看護師 面接面接を繰り返していると、違和感を感じるところ、
面接室に入った瞬間、見学に行った瞬間、これはダメだとか、ここなら良いとか、
だんだん分かってきたりします。

 

看護師 面接私はいつしかそれを重視するようになっていました。

 

看護師 面接ですから、違和感の感じないところを不採用になった時は落ち込みましたが、
私が違和感を感じないということは、相手側も私に対して違和感がないのではと思います。

 

看護師 面接違和感がないとは単純に、私に対する対応が優しかったり、面接してくれた方の印象、職場の印象、
ここで働いてみたいと心から思うような現場だと感じられることです。

 

看護師 面接そう思えた職場に絞り、その時ばかりは、こちらも本音を真剣にぶつけた結果、
採用されました。

 

看護師 面接中途で探す場合、この「違和感」を感じるか感じないかという自分の感覚を大事にしてみてはいかがでしょうか。

 

看護師 3年目 転職こちらも参考にどうぞ。