看護師 仮病

看護師 仮病でも!

看護師仮病

 

看護師仮病職場にどうしても慣れることができない、
意外と普通にあることなのだと思います。

 

看護師仮病その場合、精神的に参ってしまう、頭痛や吐き気が止まらない、
仕方なく欠勤してしまう、そのまま師長に辞めたいと意思を伝えるケースも少なくありません。

 

看護師仮病私の経験上、精神的なストレスで欠勤してしまうのは、
よほど辛い状況に追い込まれているということに他ならないと思います。

 

看護師仮病日頃からひどい態度を取られる、罵倒されるといった状況下で、
新しいことをいつも覚えていかなければならない、
命がかかる状況を乗り越えなければいけない。

 

看護師仮病本当に苦しくてやむなく、特に仮病と自分で思いながらも、
どうしても行きたくないという部類の欠勤は、もう限界なのだと思います。

 

看護師仮病私は考えに考え抜いた末に辞めました。

 

看護師仮病このまま居続けたら、もっとひどい態度を取られたり、
カラダを壊してしまったりりと、この先、良いイメージを持つことができなかったからです。

 

看護師仮病それも、本当に行きたくなくて欠勤した日に決断しました。

 

看護師仮病嘔吐などで欠勤をし、精神的に病んでしまうくらいなら、
早く辞めて次の仕事を見つけたほうが良いと感じたのです。

 

看護師仮病必ず自分に合った良い職場があると、そう思いました。

 

1人で悩みを抱えこんでいたのが余計ダメだったんですね〜。

 

看護師仮病話せる友達にもっと相談しながら、日々リラックスしていけば良かったと、
その時は反省しています。

 

看護師仮病辞めた後の噂は何だかんだ聞きますが、
よほどせまい地域の小さな病院同士でないと、
辞めた人間の個人情報なんて病院側が聞き出すのはかなり難しいようだし、
自分だけの憶測で、あまり深刻に考えず、
もともと転職が多い業種なのだからと考えるようにしました。

 

看護師仮病私も何回か転職しましたが、酷い病院て、最後に難癖をつけてきたりします。

 

そのような職場は、次の職場の面接でも、
「あの病院なら永く勤まらなくても無理は無い」言ってもらえたりします。

 

看護師仮病今後のことはあまり深刻にとらえなくても良いと思いますが、
今、欠勤しなければいけない状況、もしくは仮病を使いたい状況ならば、
今一度、その場について分析することは得策と言えるのではないでしょうか。

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

https://kango.mynavi.jp/

 

今一番利用したいサイト1の看護師専門サイトで生活エリアで見かけた医療機関の掲載情報なども、もちろん案内可能です。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職